費用と作業の進め方|剪定や伐採を依頼する|庭木の管理はプロの業者にお任せ

剪定や伐採を依頼する|庭木の管理はプロの業者にお任せ

住宅

費用と作業の進め方

植物

樹木の伐採をするときに価格決定要因の内訳は次のようになっています。まず人件費、樹木の高さ、太さ、樹木の処分費用、それに生えている場所のリスクに起因する、特殊作業の有無です。人件費は大体一時間4000円くらいです。高ければ高いほど、太ければ太いほど労力がかかり人件費もあがってきます。高さは自分で測るのは難しいですが、幹の太さくらいは自分で測ることが可能ですので、見積もりを取るまえに一度測ることをおすすめします。大体4〜7メートルの中木の伐採で一本5〜6万くらい、10メートル級の大木になると大体10万〜15万します。大木になると大型クレーンのレンタル料金などもはいってくるので金額も高くなるのです。手に負えなくなる前に早目の対処が必要ですね。

伐採方法は、その伐採する木の利用や場所によって異なります。十分なスペースのある山林では、チェーンソーで倒していけばよいわけですが、普通の住宅地などでは人や建物、車などに当たる危険があります。順番に木の上から切り落としていけば、高所作業という点を除けば比較的安全に作業ができます。ただ作業量と時間がかかるため、クレーンで吊り下げて作業する方法がとられることもあります。また木にワイヤーを張ってウィンチで引きながら切倒したい方向に倒すという伐採方法をとることもあります。木を切るということは熟練した職人でも命を落とす危険のある大変危険な作業です。しっかりとした安全対策をとって作業を行うことが重要になってきます。